×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

トップへ戻る
懐かしの航空ダイヤ に戻る
90年代前半の全日空名古屋・福岡発着国際線
このページの最終更新日 2015年10月17日

 やっとのことで国際線に参入した全日空。しかし、成田空港の滑走路は1本のみの時代で、十分な発着枠は確保できていませんでした。そこで全日空は名古屋・福岡発着の国際線に参入することとなります。特に、ホノルル線、バンコク線は成田からでは競争が激しかったのか、成田を避けての就航となりました。
 ちなみになぜ大阪から就航しなかったというと、当時は関西空港が開港する前。伊丹の発着枠も制限が厳しく、国際線用の枠が確保できていなかったのでしょう。
 1991年9月の全日空の名古屋・福岡発着国際線時刻表です。ホノルル線は他に日航、アメリカウェスト航空が1往復/日ずつ運航していただけなので、日米各社がひしめき羽田から中華航空も就航していた成田〜ホノルル線に比べるとまだ競争が楽だったと判断したのでしょうか?ただ、ホノルルへの就航にはかなり思い入れのあったようで、ホノルル便就航時にホノルル空港では、各支店の支店長・全日空役員をはじめとしたスタッフ一同、「念願のハワイ線に出られた」と泣いていたくらいのようです。その後、名古屋〜ホノルル線は断続的ではありますが、10年ほど続いており、当時の就航各地へはそうした思いの積み重ねで就航していたようです。
 また、福岡〜バンコク線は他社の就航していない路線。単独路線を選んで就航したのでしょう。(91年9月時点ではタイからの就航はなし)
 続いて、92年夏の時刻表です。前年と比べると福岡〜大連線が加わりました。その後、しばらくは福岡発着でバンコク、台湾、そして中国路線が飛ぶことになります。
 90年代前半最後は、94年夏の時刻表です。名古屋〜ホノルル線、福岡〜バンコク線はこの時点では運休しています。関空の開港を目前に控え、機材や乗務員などの資源を関空開港準備に備えたのかもしれません。一方で福岡〜大連線は北京まで延伸されました。

時刻表データの参照元) JR時刻表 1991年9月号、全日空国際線時刻表1992年6月29日〜9月30日及び1994年3月27日〜9月3日
参考文献) ANA客室乗務員は見た!JAL全盛期の"光"と"影" 坂の上の雲【ANA編】(日経ビジネス)

90年代前半の日本エアシステム国際線はこちらから ハワイへ、シンガポールへ 91年9月のJAS国際線全路線

懐かしの航空ダイヤ に戻る
トップへ戻る