×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

トップへ戻る
懐かしの航空ダイヤ に戻る
90年代前半の日本エアシステム国際線
このページの最終更新日 2015年10月17日

 長年日本航空に独占されていた国際線も、いわゆる「航空憲法」とも言われた45/47体制の終了を1985年に決定。その後1986年に全日空が東京(成田)〜グアム線に就航したのに引き続き、当時第3の航空会社であった東亜国内航空も日本エアシステム(JAS)に改称し、国際線に就航しました。
 第3の国際線運航会社となった日本エアシステムですが、全日空以上に成田発着枠の獲得を、既存の国際線運航各社に妨害され、十分に確保できない苦しい状態でのスタートとなりました。さらに、関空も開港前で、関西圏の発着枠も満杯でした。
 1991年9月の日本エアシステムの国際線時刻表です。JALとの合併前まで、JASの国際線の主力路線は東京〜ソウル線。91年時点で唯一のデイリー運航路線となっていました。また当時は短命に終わった中長距離路線も運航。東京(成田)〜ホノルルに2往復/週、東京(成田)〜シンガポール線に4往復/週で就航していました。しかしながら、両路線とも日本航空やノースウェスト(現在はデルタに吸収合併)など競合他社はデイリー以上で運航。ツアーなどで使いにくい点などが理由となり利用状況は芳しくなく、いずれもすぐに運休に追い込まれました。
 なお91年9月時点では、同じく国際線へは新規参入の立場の全日空は成田からの両路線には就航しておらず、シンガポール線こそ細々と就航したものの、ホノルル線は名古屋からの就航を選びました。


時刻表データの参照元) JR時刻表 1991年9月号



90年代前半のノースウェスト航空日本発着国際線はこちらから 成田をハブにアメリカへ、アジアへ 日本発着第2勢力NW

懐かしの航空ダイヤ に戻る
トップへ戻る