×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

トップへ戻る
鉄道ダイヤ研究に戻る
福岡都市圏に戻る
鹿児島本線(博多〜荒尾)
このページの最終更新日 2015年10月17日

 2015年3月14日改正による、JR鹿児島本線(博多〜荒尾間)の平日朝ラッシュ時間帯上り列車(博多方面・博多着7:40〜8:40)のダイヤグラムです。この時間帯には、博多口では以下の列車が運行されています。
・特急列車 長崎発かもめ 2本、肥前鹿島発かもめ 1本、佐世保発みどり 1本、長洲発有明 1本の計5本
・快速列車 荒尾発(快速区間:大牟田〜博多) 1本、荒尾発(快速区間:大牟田〜鳥栖) 1本、
                        荒尾・佐賀発(快速区間:久留米〜南福岡) 1本の計3本
・普通列車 大牟田発 3本、肥前大浦発(長崎本線) 1本、基山発 1本、二日市発 2本の計7本
が運行され、1時間当たり博多着は16本運行されています。

 博多〜鳥栖間では1時間に5本もの特急列車が運行されており、この区間で快速運転を行う快速列車は2本とも、鳥栖〜博多間で必ず1回、後続の特急列車に抜かされます。また、普通列車と快速列車の緩急接続駅は一定ではなく、大牟田〜鳥栖間快速運転の列車が羽犬塚で、大牟田〜博多間快速運転の列車が荒木と基山での緩急接続及び二日市での二日市接続への片接続、久留米〜南福岡間快速運転の列車では二日市での片接続が行われます。

 九州新幹線開業前はこれよりも多くの特急列車が運行されていたため、退避設備は一般的なJRの幹線としてはかなり豊富。朝ラッシュ時間帯も、羽犬塚、荒木、鳥栖、基山、二日市、太宰府信号場、南福岡で緩急接続や後続列車の退避が行われます。
※臨時列車、事業用列車、貨物列車等は省略しております。

福岡都市圏に戻る
鉄道ダイヤ研究に戻る
トップへ戻る