×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

トップへ戻る
鉄道ダイヤ研究に戻る
福岡都市圏に戻る
鹿児島本線(博多〜門司港)
このページの最終更新日 2015年10月17日

 2015年3月14日改正による、JR鹿児島本線(門司港〜博多間)の平日朝ラッシュ時間帯下り列車(博多方面・博多着7:40〜8:40)のダイヤグラムです。この時間帯には、博多着で以下の列車が運航されています。
・特急列車 大分発博多行ソニック 2本、門司港発博多行きらめき 1本の計3本
・快速列車 門司港発 3本(小倉〜博多間では全区間快速運転)
・普通列車 門司港発 2本、小倉発 4本(うち1本は南福岡から快速)、福間発 2本の計8本
運行されており、博多着で1時間に14本運転されています。このうち、特急きらめきと快速列車1本の計2本は、九州で最も長い12両編成で運行されています。(この他、この時間帯直後に12両編成のきらめき1本あり)

 朝の時間帯の特徴として、小倉を出発した快速列車は博多まで後続の特急列車から逃げ切ることが挙げられます。日中は小倉〜博多間を最速で40分程度で特急列車が駆け抜けますが、この時間帯は1時間近くかかっており、これにより快速列車が先行できています。
 快速列車と普通列車の緩急接続駅は一定していませんが、3本とも赤間で接続をとります。このほか、1本が八幡で緩急接続、2本が遠賀川で通過追い越し、1本が福間で福間始発の普通列車に乗り継げるように運航されています。
※臨時列車、事業用列車、貨物列車等は省略しております。

福岡都市圏に戻る
鉄道ダイヤ研究に戻る
トップへ戻る